花粉症

アレグラとミネラルウォーターは相性が悪い?

ミネラルウォーター

アレグラ(フェキソフェナジン塩酸塩)はフェキソフェナジンを主成分にする抗アレルギー剤で、花粉症や風邪を引いた時の鼻水や鼻詰まりなどに効果がある医薬品です。
目の痒みや充血、皮膚の痒みや腫れ、蕁麻疹や湿疹といった幅広いアレルギーに効果があります。
アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬に区分され、従来から利用されている抗アレルギー剤にありがちな強い眠気があまりありません。
多少眠気を感じることもありますが、特に飲み始めなどには注意が必要です。

仕事や学校などがある日中に利用することができたり、車を運転する人にも使うことができるので幅広い世代の人が利用しています。
飲食物や内服薬などに含まれている酸化マグネシウムや水酸化アルミニウムといった一部の金属は、アレグラの吸収率を阻害することがあるので服用する場合注意が必要です。
吸収の阻害は服用する際に胃の中でいっしょになることによって、主成分であるフェキソフェナジンがマグネシウムやアルミニウムなどに吸着してしまい薬効をなくしてしまうケースがあります。
そうなると十分な効果を得ることができないので効率が悪くなります。

対策としてマグネシウムや水酸化アルミニウムといった金属を含むような飲食物や薬を服用する際、時間を少しずらして服用するとこの影響を避けることが可能です。
目安としては前後2時間ぐらい空けることをおすすめします。

気を付けなければいけないことはミネラルウォーターで、中でも硬水と呼ばれているミネラルを含んだ水には注意が必要です。
日本の天然水はほぼ軟水と呼ばれているもので、ミネラル分をほとんど含まないので問題ありませんが、海外からやって来る商品のほとんどは硬水になっています。
硬度の高いミネラルウォーターは医薬品の吸収に大きく影響してくるので、アレグラを服用する際は注意しましょう。
アレグラ(フェキソフェナジン塩酸塩)は海外のミネラルウォーターでは服用しない方がよく、日本の水で飲むことをおすすめします。

マグネシウムと酸化マグネシウムは別物!

マグネシウムと酸化マグネシウムは、名前が似ていますが別物です。
酸化は酸素と化合しできる酸化物のことで、マグネシウムが酸素と化合し酸化物となったものが酸化マグネシウムと呼ばれており、マグネシウムとはまったくの別物になります。
マグネシウムと酸化マグネシウムの違いは水素と水の違いと良く似ていて、水素に酸素を化合しできたものが水になります。
水は「水素の酸化物」という扱いになり、マグネシウムに酸素を化合しできたのが「酸化マグネシウム」というわけです。

酸化マグネシウムは主に便秘改善に効果的な成分と言われており、便秘改善薬などに含まれています。
便秘を改善するのに良い食べ物としてひじきなどがよく挙げられます。
酸化マグネシウムが便秘薬として利用されている理由として、酸化マグネシウムには腸内の保湿を促進し便を柔らかくすることができる働きがあるからです。
こまめに水分を摂取していると便秘にならないというわけではありません。
便通の良い人というのは朝起きて水分を摂取するだけで、腸内にその水分が行き届くことにより腸のぜんどう運動を促進することができます。

便秘気味の人の場合は水分が腸内まで十分に届かないのでぜんどう運動が行われず、便がその場に留まってしまうとされています。
酸化マグネシウムを摂取することによって水分が吸収されやすくなり、便秘を解消することができる腸内環境を整えることが可能です。

このことから便秘の改善薬としてよく使われていて、酸化マグネシウムを常備している人が多くいます。
ひじきなどにも便秘を改善する効果があるので、食生活や生活習慣を見直しながら酸化マグネシウムを併用して使うと便秘を解消することができるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る