花粉症

ザイザルで花粉症を改善!

ザイザル

春は心躍るシーズン。
なのに、塞ぎ込んでしまう人が少なくありません。
というのも、たくさんの人を悩ます花粉症の季節でもあるからです。
スギやヒノキの花粉が舞いだす頃になると、サングラスにマスクという出で立ちで外出する人や外出そのものを控える人が増えてきます。

多数の花粉症患者の人が、その鬱陶しさから解放されたいと考えているはずです。
しかし残念なことに、花粉症を根治してくれる決定薬というのは、まだ開発されていません。
目のかゆみや鼻水、喉の乾きなど、さまざまな症状を和らげてくれる薬が出されているだけです。

ただし、その薬さえもいろんな副作用があったりするため、気軽に服用することができません。
副作用の中でも一番多い症状が眠気を催すというものなので、何かとやっかいです。

車の運転を控えなければならなくなったり、重機の操作を控えたりしなければならなくなるからです。
そのほかにも、頭痛がしたり、吐き気を催すなど、さまざまな症状に襲われたという報告が寄せられています。

そんな中で、花粉症の症状がかなり抑えられると好評を得ているのがザイザルという抗ヒスタミン薬です。
抗ヒスタミン薬というのは、アレルギーの症状が現れる時に出てくるヒスタミンという物質の働きを抑える作用のある薬のことで、多くの花粉症薬がそれに属しています。
ザイザルは処方薬であるため、街のドラグストアなどでは市販されていません。

日本では、病院に行って医師に処方してもらうしか手に入れる方法がないのです。
というのも、ザイザルは比較的に副作用がでにくい薬とされていますが、それでも服用後に眠気を催すことなどが多く報告されていて、医師の指導のもとでの服用が必要とされているからです。

じつは、ザイザルは第二世代の薬と呼ばれている薬で、第一世代と呼ばれる薬があまりに副作用が強かったために、それを抑える薬として開発されたという経緯がありました。
薬の効果の強さと副作用の強さは、ほぼ比例関係があります。
良く効く薬には、それなりの副作用があるということです。
ザイザルは、薬の効果をなるべく長く続かせて、副作用が出にくくすることを狙って開発された薬なのです。

ザイザルは効き目が強いので扱いに注意しよう

ザイザルは、スギやヒノキの花粉によるアレルギーを防いでくれる薬ですが、それは、ザイザルの成分の中にレボセチリジン塩酸塩といった成分が含まれているからです。
レボセチリジン塩酸塩は、ザイザルの一般名でもあり、同じく花粉症などのアレルギー症状に効果のある第一世代の抗ヒスタミン薬にも含まれています。

ザイザルには、その後継薬として開発された薬という経緯があり、成分や効果もよく似たものになっているのです。
花粉症をはじめ、アレルギー性の鼻炎などに高い効果の実績があるザイザルですが、が、処方薬しかなくやや高価なのが難点です。
特に花粉症に悩む人は、花粉シーズンになれば常備薬として、ある程度の量はそばに置いておきたいはず。

もし、ザイザルと同じような効果と使用方法で値段の安いジェネリック医薬品があればいいのにと思う人は多いはずです。
しかし、ザイザルには日本で認可されたジェネリック医薬品はありません。
ただ、海外にはザイザルのジェネリック医薬品というものが存在し、それを個人輸入して使用するということはできます。

その方法として、海外の医薬品販売サイトにアクセスして申し込むという方法と個人輸入代行業者に頼んで取り寄せるという方法があります。
海外のジェネリック医薬品と言っても、その効果や医薬品としての使用方法は日本の医薬品のそれと変わりありません。
花粉真っ盛りのシーズンとなれば大量に必要となってしまいます。

多少の手数料がかかっても、ジェネリック医薬品という安価な薬を求めていくほうが、経済的にも得なのです。
それに、ジェネリック医薬品の個人輸入代行サイトなどでは、大量に申し込むと割安になるような価格設定がされているのです。
ちなみに、ザイザルのジェネリック医薬品ではクレブロスという薬が人気を得ているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る