花粉症

花粉症に効くアレグラの効果とは

アレグラの薬

アレグラは花粉症による辛い鼻水や鼻づまりなどによく効くお薬です。
この薬は第二世代の抗ヒスタミン薬に分類される薬で、フェキソフェナジン塩酸塩という化合物が主成分となっています。

フェキソフェナジン塩酸塩はヒスタミンH1受容体をブロックする機能のほか、身体がアレルギー反応を起こす原因となる物質であるケミカルメディエーターが肥満細胞のなかから放出されるのを防ぐ働きを持っています。
身体のあちこちにあるヒスタミンH1受容体が刺激されると、かゆみや痛みのほかショック反応や痙攣などが起きてしまいますから、これがブロックされることで様々なアレルギー症状が起きることを防いでくれるのです。

フェキソフェナジン塩酸塩は第二世代の抗ヒスタミン薬なので、この薬の登場以前に使用されていた第一世代の抗ヒスタミン薬に比べると安全性の点で優れています。
また、花粉症のほか蕁麻疹やアトピー性皮膚炎によるかゆみなどを抑えるのにも適しています。

アレグラは第一世代の抗ヒスタミン薬に比べると有効成分であるフェキソフェナジン塩酸塩の作用時間が長く、使用方法としては1日に2回飲むだけで十分な効果が現れます。
また、子供も大人と同じように使用することができるので、成長期で花粉症やアレルギーを起こしやすい子供たちにも適しています。
妊娠中や授乳中の人は使用する際に注意が必要ですが、併用禁忌となる薬やこの薬を使用できない人はあまり多くないため、安心して利用できる薬となっています。

アレグラは即効性のある薬ですが、十分な効果が現れるまでにはある程度の時間がかかる場合もあります。
通常は薬を飲んでから半日程度は効果が持続し、その間は花粉やハウスダストなどに触れてもアレルギーが起こりにくくなります。
ただし人によっては効果が出るまでに数日かかる場合もあるので、その場合はじっくりと治療に取り組むようにしましょう。
この薬はアレルギーを起こす原因そのものを治療してくれるわけではないので、アレルギー症状を防ぐためには継続して飲む必要があります。

アレグラが効かないのは意外な原因がある?

使用方法をきちんと守っているのに人によってはあまり効果が現れず、この薬が十分に効かない場合があります。
その原因としては、この薬の有効成分であるフェキソフェナジン塩酸塩そのものの特徴のほか、患者さんの体型や体質、生活習慣などが関係している場合があります。

薬を飲んだ場合、胃や腸のなかで溶かされて有効成分が血液のなかに吸収されることになります。
効果は血管内に吸収された後で現れるのですが、薬の成分の腸からの吸収を妨げたり助けたりする酵素が身体のなかには存在します。
その酵素との関係によっては、薬が効かないこともあるのです。

フェキソフェナジン塩酸塩の腸からの吸収に関係しているのは、トランスポーターOATPと呼ばれる酵素です。
この酵素がフェキソフェナジン塩酸塩に結びつくことで、血液中にこの成分が吸収されることになるのですが、トランスポーターOATPは食事によってその働きが抑制されてしまうことがあります。

とくにグレープフルーツジュースを始めとした果物ジュースの摂取には注意が必要です。
果物ジュースはトランスポーターOATPの働きを妨げ、薬の有効成分が吸収されにくくする作用を持っているからです。
もし、アレグラを飲んでも花粉症やアレルギーに対して十分な予防効果が得られないと感じた人は、こういったジュース類の摂取は避けるようにしてみてください。
薬の有効成分が十分に血液中に吸収されるようになれば、アレルギー抑制効果が得られる場合があります。

また、肥満体型の人もこの薬が効かない場合があります。
一般的に肥満体型の人はアレルギーや花粉症などにかかりやすいと言われています。
それは、身体のなかでアレルギーを起こしやすくする物質である動物性脂肪や動物性蛋白質などを他人よりも多く摂取しているからです。
フェキソフェナジン塩酸塩がアレルゲンによる反応を抑えると言っても限度がありますから、肥満体型の人はなるべく動物性蛋白質や動物性脂肪などの含まれる食事は減らすように心がけてください。

関連記事

ページ上部へ戻る