花粉症

辛い花粉症にはジルテックで対処しよう

ジルテック

ジルテックはセチリジン塩酸塩を主成分としている薬で花粉症やアレルギー性鼻炎に使われている薬です。
セチリジン塩酸塩はアレルギー症状を引き起こすヒスタミン受容体をブロックすることで、症状が起きないようにする働きがあります。

花粉症をはじめとするアレルギー症状はアレルゲンとなる物質が体内に入った時に、ヒスタミンという物質が分泌され、それがヒスタミン受容体と結合することで症状を引き起こします。
ジルテックはヒスタミンが分泌されても受容体をブロックすることで結合させないようにします。
その結果アレルゲンが体内に入ってもアレルギー症状を起こさない用にする効果をあらわします。

花粉症の薬にはいくつかの種類がありますが、ジルテックはヒスタミン受容体をブロックする効果があることから抗ヒスタミン薬と呼ばれる種類に分類されており、その中でも第二世代と呼ばれています。
第一世代の薬の副作用を改善するように開発をされたものが第二世代になります。

ジルテックの使用方法は1日1回の服用で効果が1日中続くという持続性があることが特徴です。
また、即効性もあるために花粉症の薬の中でも効果が強いものになります。
花粉症の薬には効果が穏やかで副作用も弱い種類のものと、効果が強く副作用も出やすい種類のものがあります。
その中でもジルテックはかなり効果が強力ということで副作用も強く出てしまうことがあります。

他の花粉症の薬を使用しても症状が強くなかなかおさまらないという人でもジルテックであれば症状を抑えられる可能性があります。
その際に注意をしておかなくてはいけないことが、副作用も強く出やすいということで、特に眠気が強くなることを覚えておきましょう。

効果が強力なために、他の薬では効かなかった人が辛い花粉症の症状を緩和しようと思って服用した時に、症状はおさまっても副作用が強過ぎて生活に支障をきたしてしまうことがあります。
服用前にはどのような副作用があるのかを確認しておきましょう。

ジルテック使用時はお酒に気を付けよう

ジルテックは即効性がある効果も強い種類の薬ですが、副作用が強く出てしまった場合には、いつも通りの生活が送れない時があります。
眠気が強すぎる状態で仕事をしたり、運転など事故の可能性のあるような行動をすると、大きな危険を伴うことがあります。

初めてジルテックを服用する時には服用後の予定が入っていない時にするようにして、副作用がどの程度出るのかを確認してからにすると安心でしょう。
もしも副作用が強く出過ぎる場合には、仕事や外出の予定がある時には使わないようにして、休日など副作用が出ても支障の少ない時に使用すると良いと思います。

ジルテックの使用方法は1日1回の服用ですが、服用する時にはアルコールと一緒に摂取をしないように注意をする必要があります。
アルコールはそれだけで判断力を鈍らせたり、眠気の誘因となるものですが、ジルテックとアルコールを同時に摂取することでそれぞれの作用が強まってしまうことがあると報告されています。

ジルテックの副作用には眠気や倦怠感がありますが、そういった症状がアルコールによって強まってしまうことがあります。
眠気や倦怠感が強いと朝になっても布団から出られなかったり、日中の活動が思うようにできなかったりします。
薬の副作用とはいえ、必要なことさえもできなくなってしまっては不便なことも増えてきてしまいます。

ジルテックは大変効果の強い成分を含んでいるので、他の花粉症の薬よりも強く効果がでて、苦しかった症状から解放される反面、副作用には十分に注意をしておかなくてはいけない薬です。
特に夜に薬を飲む習慣にしている場合には、アルコールとの同時摂取になってしまいがちなので、薬を服用する時間を変えるなど工夫が必要になってくるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る